教育目標・方針

教育目標・方針

通学課程において17の専攻分野から成る文学部は、通信教育課程において3つの類に区分されます。
第1類は哲学、第2類は史学、第3類は文学をそれぞれの中核とします。

第1類

哲学、倫理学、美学美術史学、社会学、心理学、教育学、人間科学の各専攻を中心として、広義の哲学に含まれる専門研究を行います。
実験を基盤として自然科学の性格をも帯びる心理学から、人間として生きることの意義を省察する哲学や倫理学、そして個人の美的感受性の分析から集団のコミュニケーション研究まで、多様な分野があります。

第2類

日本史学、東洋史学、西洋史学、民族考古学の各専攻を中心として、歴史に関する専門研究を行います。
それぞれの専門領域の枠をこえて、キリシタン史のように東西にまたがる研究や、また西洋と東洋の接点であるオリエントの歴史、ポリネシアや東南アジアにも及ぶ民俗学と考古学など、興味深い研究分野もここに含まれます。

第3類

国文学、中国文学、英米文学、独文学、仏文学の各専攻を中心として、文学と言語研究を主要な対象とした研究を行います。
わが国の諸大学の文学部の中でも特筆に価するレパートリーの広さと伝統を持ち、第1、2類の諸専攻との連携の上に立って、専門かつ総合的な研究を行います。言うまでもなく、文学・言語を研究すれば、例えば歴史的問題、民族的問題、人間の心の動きについての問題を併せて考察せざるを得ないからです。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

通学課程の各学部のアドミッションポリシーにおおむね準じていますが、
通信教育課程としてはとくにつぎのような学生を求めています。

  • さまざまな事情で、通学課程に通うことが困難であった人、あるいは現に困難な人。
  • 職業生活を終えたが、その旺盛な向学心をさらに満たしたいと考えている人。
  • 職業生活の途上で、自らの学歴を高度化することによって、職業的なステップアップを考えている人。

選考は書類選考によりますが、当該学部に入学するための一定の読書歴と、今後の勉学計画・研究計画について、明確なプランを持っていることが求められます。入学後、円滑に勉学を進めていくための、基本的な学力、とくにアカデミック・ライティングのために必要な日本語能力を求めます。

文学部は、哲学を主とする第1類、史学を主とする第2類、文学を主とする第3類の3つの類に分かれていますので、このいづれかの類を決めて出願の手続きをとらなければなりません。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)

文学部は総合的な教養教育と幅広い興味を育てる専門教育を展開していますが、通学課程とは異なり、他の類の科目も幅広く履修する必要があります。どの類に所属していても開講科目一覧に挙げる科目の履修は可能です。

各類ではそれぞれ学問の伝統に基づきながらも社会的ニーズに応えた多彩な科目が設置され、学生の意欲的な取り組みを指導してきています。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

総合教養科目、語学、ならびに専門分野に関する深い学識を備えた者に学位を授与します。
そのためには、厳格な成績評価のもとで所定の単位を修得し、かつ、卒業論文を作成し、卒業試験に合格することが必要です。

授与する学位は、学士(哲学)、学士(美学)、学士(史学)、学士(文学)、学士(図書館・情報学)、学士(人間関係学)です。