学部長からのメッセージ

経済学部長 駒形 哲哉

経済学部長 駒形 哲哉

現代世界は常に変化し続けています。その変化を規定しているのは究極的には経済の論理であるといってよいと思います。経済は、モノやサービス、情報の生産、おカネとの交換、消費といった活動から成り立っています。経済活動によって富が生み出され、社会は豊かになってきましたが、その豊かさの陰では様々な問題も引き起こされてきました。

「経済学部で学ぶ」というと、マクロ経済の勉強をまず想起する方がいるかもしれません。制度や政策が経済に与える影響が大きいことは事実です。しかし、経済の基礎は企業活動です。人、カネ、モノを組み合わせて互いに競争する企業の経営活動こそ、富の創造のエンジンです。競争に生き残るための企業の努力は、他方で様々な矛盾を引き起こす源にもなっています。

このように考えてみると、通信教育課程の経済学部が、通学課程の経済学部と商学部の両方のカリキュラムを備えていることは、経済を学ぶ上で大きなアドバンテージとなっていることに気付くでしょう。

地域や国、世界の経済の変化が主に企業活動によって生み出されているとすれば、経済を分析するのに、企業の内部のあり方をブラックボックスにしたままでは不十分です。逆に、企業の内部のあり方や経営の意思決定を考察するにあたっては、地域や国、世界の経済の全体像を把握し、制度・政策を理解する作業がやはり不可欠です。

経済学と商学との境界がなく学べることは、このような意味で、経済の学びを志す皆さんにとって大変重要な意味をもっています。

さらに言えば、私たちが本当に提供したいのは、経済学や商学の専門知識ということを超えた、人間に関する学問です。自然と人との関わり、人と人とのコミュニケーションを可能にする言語、人がその内面を表現して創造してきた思想・文化・芸術等、幅広い教養や素養を身に付けることで、経済学や商学の専門的学習はより一層実りあるものとなります。

通信教育課程経済学部の提供するカリキュラムを活用して、専門性を備えた豊かな教養人を目指していただければと思います。

商学部長 岡本 大輔

商学部長 岡本 大輔

慶應義塾大学の通信教育課程に「商学部」は存在しません。代わりに、通信教育課程の「経済学部」を通学課程の経済学部と商学部が共同で運営しています。もともと2つは同じ学部でしたが、1957年に経済学部の中の商学分野が独立する形で商学部が誕生しました。ですから、経営学・会計学・商業学といった商学部独自の分野については、商学部の教員が皆さんの指導にあたっています。

通信教育課程では、実社会で仕事をしている人、あるいは働いた経験のある人が多く学んでいます。実務を通して、すでに経営や会計、マーケティングについての知識を身につけている人も少なくないでしょう。そうした人たちにとって、商学部独自の分野はとても身近に感じられるでしょうし、中にはこれらの学問に実務と直結する役立つ知識を期待している人がいるかもしれません。

しかし、福澤諭吉の唱える「実学」としての商学は、実践にすぐに役立つ学問という意味ではありません。むしろそれが目指しているのは、理論と実証に基づいた現実の科学的な解明です。科学の目的は「なぜ」という問いかけに満足いく答を見出すことです。それはものごとの道理や理屈を究めるということに他なりません。

道理を知ることで、私たちの日頃の経験はより洗練された知識へと深められます。それと同時に、私たちはもっと広い視野で世界を眺めることができるようになります。ここに学問することの面白さと楽しさがあります。

学問することで、少しでも世界を広げようではありませんか。

ナビゲーションの始まり