出願について

出願資格

Q

出願に年齢制限はありますか?

開く
A

入学年度の4月1日までに18歳に達している人であれば、年齢の上限はありません。

Q

短期大学・大学を卒業した者ですが編入できますか?

開く
A

編入制度はありません。短期大学の場合は特別課程、大学の場合は学士入学となり、 それぞれ定められた総合教育科目の単位が認定されます。詳細は、「入学資格と在籍期間」のページを参照ください。

Q

専門学校を卒業しました。特別課程で出願できますか?

開く
A

高等専門学校(5年制の工業・商船)卒業者は特別課程で出願できます。2年制・3年制・4年制の専門学校(専修学校)卒業者は普通課程での出願となります。

Q

外国の高校・短大・大学を卒業した者ですが志願できますか?

開く
A

出願が可能です。「入学資格と在籍期間」のページを参照ください。

Q

私は外国籍の者ですが、入学後は留学生としての取扱いとなりますか?

開く
A
通信教育課程では、留学生の受入れをしていません。外国籍の方も正科生として入学することができます。詳しくは「入学資格と在籍期間」のページを参照ください。なお、正科生として入学した場合でもスタディビザの取得はできません。

出願書類と選考

Q

入学試験はありますか?

開く
A

筆記試験はありませんが、出願書類による選考を行います。

Q

入学合格者の学部別倍率はどのようになっていますか?

開く
A

合格者の倍率は公表しておりません。

Q

卒業した高校で調査書が発行されません。どうしたらよいですか?

開く
A

卒業後5年以内で、卒業した高校で調査書が発行されない場合は、卒業証明書と成績証明書を発行依頼してください。
なお、卒業後5年を越える場合は、卒業証明書のみ提出してください。

Q

証明書の姓名と現在の姓名が違います。追加の書類が必要でしょうか?

開く
A

卒業した学校で発行する証明書上の姓名と、出願時の姓名が同一人物であることを証明するために、戸籍抄本を添付してください。

その他

Q

学費はどのくらい必要ですか?

開く
A

詳細は「学費」のページを参照ください。

Q

卒業するまでどのくらいの年数がかかりますか?

開く
A

ひとりひとり学習計画が異なりますので一概には言えませんが、普通課程の場合は6~8年程度、特別課程の場合は5~6年程度、学士入学の場合は4~5年程度となっています。

Q

通信教育課程で利用できる奨学金制度はありますか。

開く
A

通信教育課程在学中は、夏期スクーリング出席者を対象とした日本学生支援機構奨学金(貸与型)、三田会記念大学奨学金(給費型)に出願することができます。これらは採用された年、年1回のみ振込まれるものです。また、2020年度4月からはじまった高等教育の修学支援新制度についても、通信教育課程生は対象となります。
各種奨学金には家計や学業成績等の基準があり、選考・審査の上、採用者が決まります。

Q

教育訓練給付金を利用できますか?

開く
A

通信教育課程では給付金の支給対象となる講座はありません。

Q

博物館学芸員、図書館司書、臨床心理士などの資格は取得できますか?

開く
A

いずれも通信教育課程での資格取得はできません。当課程では、これらの分野については科目が開講されておりません。その他の資格についても、志望理由に考えている場合は、その資格を取り扱っている所轄の機関等へ問い合わせてください。

Q

海外でも学習できますか?

開く
A

海外でも学習は可能ですが、科目試験、スクーリング、卒業論文指導等については、日本国内のみで実施しています。
また、海外に在住の方には、希望により日本国内での仲介者を通さずに、大学から直接に郵便物を送付する取扱いをします(学生負担、半年間¥6,000)。
希望者は以下のPDFを参照してください。

国外在住者の出願について

Q

卒業後に就職指導をしてくれますか?

開く
A

社会人の方が大半でもあり、就職指導等は行っておりません。

Q

正科生として学習する時間がとれないのですが、数科目だけ学習する方法はありますか?

開く
A
文学部・経済学部・法学部のいずれかに所属し、所属した学部の専門教育科目を1科目から履修できる科目等履修生がございます。ただし、学士の学位は取得できません。出願資格は、短期大学・大学卒業者等ですが、ほか詳細については、「科目等履修生」のページを参照ください。

ナビゲーションの始まり